ミッドセンチュリー モダンでかっこいいこたつ

ミッドセンチュリーなので、ビンテージからモダンになりつつある頃の20世紀半ばのインテリア
今の時点からいうとレトロ、ビンテージなテイストの方が強い感じ

ウッド(旧)とスチール(新)を混ぜたような、掛け合わせたデザインが多い印象
今回はコタツなのでスチールは無いですが、モダンなインテリアに重厚感ある木目ののかっこいいビンテージ風なコタツを置くと全体的にミッドセンチュリーなテイストのインテリアが完成☆

ダークブラウンとブルーの組み合わせはレトロモダンな雰囲気が出そうです

ミッドセンチュリー・モダンなコタツ


楕円こたつ

木目プリントを生かしたミッドセンチュリー風のモダンこたつ。奥行き約60cmのスリムな楕円デザインもオシャレです。こたつらしくないデザインで、リビングテーブルとしてもオールシーズン使えます。

詳細はこちら >>



ミッドセンチュリー風こたつ

ウォールナットの突板を使用したミッドセンチュリー風のモダンこたつ。木目を生かした天板に先細りの脚のデザインがカッコいい。シーズンオフにはリビングテーブルとして活躍してくれます。

詳細はこちら >>

モダンに


レトロ調折れ脚こたつ

木目が美しいウォルナット材の突板を天板に使用したこたつ。四辺がごく緩いカーブを描き、レトロ調のやさしい雰囲気をただよわせます。ヒーター部には、じんわりと心地いい暖かさが続く石英管ヒーターを採用。中間スイッチでON・OFFを切り替えられ、温度はヒーター横のツマミで調節できます。厚みを抑えた脚部は折れ脚タイプになっているので、オフシーズンには畳んで薄くした状態で保管OK。しっとりとしたカラーで、北欧調やモダンなど落ち着いた空間によく合います。

詳細はこちら >>



オーク材の円形モダンこたつ

天板の突板と脚には、木目がしっかりした印象のオーク材を使用。あたたかみのある木目と丸い形が、やさしくモダンな雰囲気のこたつです。ポイントは天板に手作業でほどこしたダメージ加工のアンティークな雰囲気と、デザインされた脚のライン。冬はこたつ、春-秋にはリビングテーブルとしてオールシーズン使えます。安心の日本製です。サイズは2タイプからお部屋に合わせて。

詳細はこちら >>



継脚デザインこたつ

こたつとしての機能はもちろん、オフシーズンのインテリア性も考慮したモダンデザイン。天板はそれぞれ木目の綺麗なウォルナット材の突板とオーク材の突板を使用し、脚部とのツートンカラーがシックな印象です。無駄のないシンプルなフォルムで、リビングの風景をスタイリッシュに演出できます。継ぎ脚を組み合わせて高さを4段階に調節できるので、床座りからソファー前高さまでライフスタイルに合わせて高さを変えられます。

詳細はこちら >>



ガラス天板のこたつ

天板には、しっかりとした木目のウォルナット材の突板を使用。中央にはガラスを配し、モダンな雰囲気ただようデザインに仕上げました。ガラス下には、スペースがあるのでお気に入りの小物をディスプレイするのもおすすめです。存在感はありながらも、テーパー脚で印象はすっきり。リビングテーブルとしてもお使いいただけます。

詳細はこちら >>



光沢感のあるツートン継ぎ脚こたつ

ホワイトカラーx木目調天板とブラックカラーx木目調天板が、おしゃれな存在感を放つツートンデザインのこたつ。天板はハイグロスシートでツヤ感を出し、脚部を木目調シートで仕上げたモダンなデザインは、オールシーズンお使いいただけます。ヒーターには即暖性のあるハロゲンヒーターを採用。生活スタイルに合わせて高さ調節できる継ぎ脚仕様なのもうれしいポイントです。「長方形」と「長方形(大)」の2サイズx2カラーからどうぞ。

詳細はこちら >>

モダンに置くならこたつ布団は薄く

コタツを置いてもモダンでかっこよくしたいなら、こたつ布団は薄めのブランケット長のものがおすすめです。
デザインもモダンなものが多く、防寒性は分厚い布団には負けるかもしれないですが、薄いほうが適度におしゃれ感を保てる!分厚いと圧迫感も出るので、広い部屋ならいいですが、特に一人暮らしなら薄型がおすすめです

ミッドセンチュリー風にするなら、ダークブラウンこたつとブルー系のこたつ布団が雰囲気出そうですよ☆
こたつ布団はカバーを変えるだけでもガラッと雰囲気を変えられる♪

お洒落な部屋づくり

海外・デザイナーズ インテリア